心とからだ

【心療内科医がわかりやすく解説】無理をしている時の感染に注意!

悩みだけでなく、睡眠不足や頑張りすぎや長時間の活動などの「かくれストレス」に対処しましょう!ストレスフルな状態での感染は、長期間続く疲れや痛みを引き起こします。免疫やホルモンの影響がありますが、その要因としてのストレスに対処することが大切です。
疲れ・痛み

【心療内科医が解説】疲れが長く続く時にはどうしたらいいのか?

長く続く疲れを回復するために、まず次のことを試してみてください。(1)生活習慣を見直す(睡眠など)(2)翌日以降に疲れがたまらない程度に活動量を制限する(脳のエネルギーを消費する活動についても)(3)1と2を少なくとも2ヶ月は実践する。
セルフケア

【心療内科医が注意喚起】疲れている時には、一般的なストレス発散はお勧めしません!

運動、旅行、おしゃべりなどでストレスを発散したり、スマホ、音楽、テレビなどで気晴らしをしたりして、気分転換をする人も多いと思います。でも、状況によっては、これらのストレス発散や気分転換をする気力もなくなっていたり、逆にそれで疲れてしまうことも少なくありません。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました